アプリの需要増加

現在、非常に多くの方がスマートフォンを所持する時代となり、今後この流れは加速することが考えられます。それに伴い、アプリの需要もさらに大きくなることが予測されるため、多くの企業がスマートフォンアプリ開発に乗り出しています。

人気のアプリを

スマートフォンを活用する上で重要となるのがアプリです。便利なものが数多く存在し、開発の敷居も比較的低いことから、多くの企業が参入しているのです。人気のアプリを開発するためには、アイデアを多く絞り出すことが大事です。

スマートフォンやタブレットで人気アプリを開発したい方はアプリの提案から公開までお手伝い出来る当社にお任せ下さい!

依頼料を節約する

アプリ開発には知識が必要なため、多くの企業がアプリ開発の代行に依頼していますその際、企業に依頼することも可能ですが、個人の技術者に依頼することで依頼料を大幅に節約することができます。

アプリの可能性

技術力が高いiosのアプリ開発を行っている会社といえばこちらです!豊富な製作実績があり、多くの方から選ばれています。

開発に必要な費用はどのぐらい

近年スマートフォンが普及しており、それに対するアプリ開発も増加しております。ではそのスマートフォンアプリ開発にはどのぐらいの費用がかかるのでしょうか。現実的に考えてもスマートフォンアプリ開発相場というのはありません。なぜならスマートフォンアプリ開発は何十万円から何百万円と様々だからです。規模によっては1千万円以上かかるところもあり、スマートフォンアプリ開発の相場というのはなかなか把握しづらいものです。スマートフォンを利用するにあたって必要なこととはなにか、どうやったら楽しいゲームアプリが開発できるのかというところがあり、これによって開発費用に違いがでてきます。大きなものを作ればそれなりにお金がかかるということです。

出すものによって変わる金額

スマートフォンアプリ開発だけでなく全体的なアプリ開発としてのおおよその目安というものがあります。これはそのアプリ機能自体によって変動します。たとえばゲームアプリを作ってこのゲームをGREEやMobageなどのソーシャルゲーム系のプラットフォームで公開したいのであれば約130万円からの費用がかかります。これはアプリ開発の企画、サポートに30万円ほど、実際の開発業務で100万円ほどの割合でかかります。またフューチャーフォン向けにアプリ開発をして公開したいのであれば50万円ほどかかります。これらプラットフォームやその機能によって価格に大きな差が生まれます。ソーシャルゲームが高いのは契約金みたいなものがかかるからです。